So-net無料ブログ作成

オールド・セント・ポール教会で不思議のメダイを発見 [買い物・マーケット]

今日も雨のウェリントンです。
今は強い風も吹いていて、寒いです。

先日、久しぶりにオールド・セント・ポール教会に行きました。
1866年に建てられたネオゴシック様式の木造の教会で、
ウェリントンの観光スポットのひとつです。

BLOG0965.JPG
 Old St. Paul's

英国国教会の教会ですが、ミサなどは現在
Wellington Cathedral of St. Paul で行われており、
Old St. Paul's は観光やイベント専用になっています。

ここのギフトショップに前から気になっていた
「不思議のメダイ」があったので購入しました。

IMG_1370.jpg
右側のデザインが「不思議のメダイ」(チェーンは私物)

左の天使以外にも色々なデザインがあったのですが、
このマリア様のメダイがここでも一番人気なようで、
一番在庫が少なかったです。

不思議のメダイ(奇跡のメダイユ)とは、
フランスのカトリック修道女カトリーヌが聖母マリアから
このイメージ(デザイン)でメダイを作って身につければ
大きな恵みを受ける、というお告げを受けて作られたもの。

1832年に最初のメダイが人々に配られて以来、様々な
奇跡を起こして世界中に広まったそうです。

このメダイ(メダル、médaille=メダイユ)は、
日本でもお守りアクセサリーとして人気があり、芸能人愛用!
フランス直輸入不思議のメダイ!などと売られていたりします。

でも、フランス製だけが本物、というわけではなく
”お告げ通りのデザインであること” が大切だそうです。

カトリーヌに告げられたデザインとは、卵型のメダイの表に

悪意を意味する蛇を踏みつけて地球の上に立つ聖マリアと
マリアの手から広がる光の筋を描くこと。そしてその周囲に

“O Marie concue sans peche , priez pour nous qui avons recours a vous”
(原罪なくして宿り給いし聖マリア、御身により頼みたてまつる我等のために祈り給え)

という祈りの言葉を、聖母マリアの右手から始まり頭上を通って
左手で終わるように記すこと。

そして、メダイの裏には、マリアの頭文字のMと
横向きのI(“immaculata” 無原罪の頭文字)
十字架を組み合わせたデザインを描き、

その周囲に教会のシンボルである12の星、その下に
「イエズスの聖心」と「聖母マリアの汚れなきみ心」
の二つのハートを刻むこと、です。

IMG_1371.jpg

聖マリアのお告げのデザインであることが重要なので、
アクサセリーとして金や銀で似たデザイン
(蛇が描かれていないなど)に作られたメダイは、
貴金属としては本物でも奇跡のメダイではないとか。

オールド・セント・ポール教会の不思議のメダイは
祈りの言葉がフランス語ではなく英語で書かれていますが、
これはセーフかな?と思っています。

このメダイには「人からプレゼントされるとご利益がある」
という噂もあるので、ちょっとしたお土産にいかがでしょうか。
値段はたしか、$3だったと思います。

ではまた!

タグ:観光 買い物
コメント(0) 
共通テーマ:地域

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。