So-net無料ブログ作成

サイクロンとハリケーンの違い [お天気]

久しぶりの更新です。

今日はグッドフライデー、子供達にとっては
2週間のスクールホリデーのスタート。

ホリデー開始早々、ニュージーランドは
サイクロンであちこち大変でしたがーーー
ウェリントンは今やっと少し青空が覗きました。

以前、ウェリントンの強風について

"gale は storm と違い、雨は強くありません。
風がメインです。雨も風も強い嵐が storm で、
さらにその上が hurricane になります。"

と書いたんですが、今回ニュージーランドに
接近しあちこちで被害を出したのは Cyclone。

ハリケーンが最強だと思っていたけれど、
サイクロンってハリケーンよりすごいんだっけ?

と思って調べて見たら、熱帯低気圧が存在する地域が
変わると呼ばれ方がかわるということらしく、

太平洋北西部で発生するとタイフーン(台風)、
大西洋北部・太平洋北東〜中部ならハリケーン、
インド洋・太平洋南部で発生すればサイクロン、だそうです。

name_menu02.jpg
イラスト:よどがわキッズLAND

最大風速の基準はそれぞれ少し違うそうですが、
呼び方は違っても同じものなんですね。

今回のサイクロンは1968年以来最大だそうですが、
1968年4月のサイクロンでは当時 Wellington – Lyttelton 間
を運行していたフェリー「TEVワヒネ」がウェリントン港で
転覆し、多くの人が亡くなるという大事故があったんです。

来年はワヒネ事故から50年のメモリアルイヤーなので、
今年になってなにかと話題になっていたこともあり、
ウェリントンでは「4月のサイクロン」といえばまず
「ワヒネ」なのですが、今回は死者がでるような被害が
なかったのが幸いでした。

ではまた。

タグ:お天気
コメント(0) 
共通テーマ:地域

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。