So-net無料ブログ作成

日本とニュージーランドの全然違う?!部活事情 [ラグビー・スポーツ]

急に寒くなったウェリントンです。
こうなるとやっぱり暑いのは楽しかったなぁ、
なんて思いますーーー。

今年も春休みを利用してカレッジにたくさんの
日本人留学生が来ているようです。

で、息子に

「日本の部活ってトップ選手しか試合に出れないって本当?
 それって超つまんないじゃん!なんで?」

と聞かれて改めて考えたのですが、
うむーーー確かに日本で公式試合に出られるのはレギュラーだけかも。

ニュージーランドのスポーツクラブは、学年毎に
選手のレベル別に複数チームが作られ、それぞれの
レベルで試合が行われる仕組みなのです。(練習もチーム別)

BLOG7299.JPG

練習はちょっとで、上手くても下手でも、みんなとにかく試合に出ます!
だってゲームしなきゃ、面白くないじゃん!
試合に出れないならクラブに入る意味がない。そんな感じ。

ニュージーランドでもトップチームは Aチームとか
ファースト15(ラグビー)、ファースト11(サッカー)
と呼ばれ、特別なジャージやユニフォームがあったりして
選ばれるのはとても名誉なことなのですが、学校代表にはなれない選手も、
トップ選手と同じように毎週ちゃんと公式試合があり、
やっていることはトップ選手とそんなに変わらない印象です。

Aチームはやる気満々のコーチが担当で、練習日も多くて、
レフリーやコーチのセミナーを受ける機会もあって、と
色々「特別」ではあるんですが、「試合に出る」
という意味ではクラブメンバー全員レギュラーなんですよね。

学年別なので、上級生にならないとレギュラーになれない、
ということもなく新入生初心者からすぐに試合!

娘なんて、まだバレーボールのルールも知らないうちに
他校との試合に行きましたからね。さすがにそれは練習しなさすぎ
だけど、試合が終わる頃にはなんとなくわかってきたそうですーーー。

こんな感じで、練習しない(させられない)ので、
ニュージーランドで強くなりたい、トップチームに入りたい、
と思ったらどうしたら上手くなるか、自分で考えてトレーニング
しないといけないのです。

人口のわりにスポーツが強いニュージーランドの秘密は
こんなところにあるのかもしれません。
タグ:スポーツ
コメント(0) 
共通テーマ:地域

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。