So-net無料ブログ作成
ニュージーランド・ワイン ブログトップ
前の3件 | -

羊のラベルが可愛い!ホークスベイ大沢ワインズ大沢泰造さんのFlying Sheep [ニュージーランド・ワイン]

ソーンドンのニューワールドでセールしていて買っちゃった!

006.JPG

ニュージーランド北島ホークス・ベイ(マラエカカオ)の
日本人ワイナリー、大沢ワインズのフライング・シープ。

007.JPG

2015年は羊年ですからね~。
羊のラベルが可愛いワイン、買ってきました。

大沢ワインズには「筆で描いたような円のラベル」
の高級(リザーブ)ワインがありますが、
フラッグシップワインはフライングシープなんですって。

ピノノワールとピノグリのフライングシープもあったけど、
今回は甘めのゲベルツトラミネール(Gewurztraminer)
購入してみました。お値段は$10引きセールで$15。

008.JPG

このシールが貼ってあったから、
いつもは飲まない甘口を選んだんですよw

フルーティな甘口のワイン。
ワインショップの解説をみたら、

"生姜やライチ、洋梨の本来の風味と力強いアロマをお楽しみ頂けます。
果実実が豊かで、まろやかな味わいの中に、仄かにミネラルを感じる白ワインです。
バランスが良く、濃厚でまろやかな後味が続きます。"

と書いてありましたよ。な、なるほど、、、、(よくわからない)

大沢ワインズはね、ブドウ畑を買い取ったのではなく、牧羊地を購入して
ブドウの苗を植えて、一からブドウ畑にしたワイナリーなんです。
フライングシープといネーミングも、飛んでいくように引っ越していった
羊さんが由来なんですって。

009.JPG

今は、Sileni Estate Winery(シレニー・エステイト・ワイナリー)、
超有名なVilla Maria Estate(ヴィラ・マリア・エステイト)に次いで、
日本向けニュージーランドワインの輸出は第3位!
様々な賞も受賞している、ニュージーランドを代表するワイナリーです。

日本の通販でも買えますので、年始に飲む
「未年ワイン」としてぜひどうぞ。

ではでは!


タグ:ワイン
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

「神の雫」掲載のニュージーランドワイン、リッポン・リースリング [ニュージーランド・ワイン]

神の雫、というワイン漫画にでてくるニュージーランドワイン

ニュージーランドの ロマネ・コンティ、アタ・ランギ

の他、第17巻にもセントラル・オタゴのワインが登場しています。

それが、 リッポン・リースリング(漫画掲載ヴィンテージは2006年)

リースリングってアイスワインや貴腐ワインのような
甘く作られたワイン、というイメージでしたが、
ブドウの品種のことだったんですね。

ワナカ湖を望むリッポン・ヴィンヤードは、
「世界で最も美しいブドウ畑」といわれているそうです。

リッポン
 photo:www.bioexploration.org/

「世界で~」なんてまた大きなこと言ってるな、と思ったけど、
リッポン・ヴィンヤードのホームページ の写真
を見たら、本当に素晴らしい景色!
オタゴ、寒そうだけど一度行ってみたいなぁ。

リッポンのワインラベルも、湖とワイン畑のイラストです。
リースリングよりピノ・ノワールとビオディナミ(有機農法)
のほうが有名みたいです。

リッポン・リースリングはお手頃価格のワインなので、
家で気軽に楽しめそうです。アマゾンや楽天でも買えます。

ではでは!

タグ:ワイン
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

ニュージーランドのロマネコンティといわれる極上ワイン [ニュージーランド・ワイン]

神の雫」第22巻 未知なるものへの旅は君を連れて、に
ニュージーランドの ロマネ・コンティ!といわれるワインの話が
でてくるのだそうです。

またまた~、
水のロマネコンティとか
日本酒のロマネコンティとか
ロマネコンティって名乗ったもん勝ちだよな~、

と思ったのですが、
このワインは本当にあのロマネ・コンティのブドウのクローン
(エイベル・クローン)を使用した
ロマネ・コンティのDNAを持つブドウ
から作られているんですって!

神の雫で掲載されたヴィンテージは2001年。
JAL国際線ファーストクラスでも提供されていたというそのワインは、


アタ・ランギ ピノ・ノワール


です!
アタ・ランギはマーティンボローで一番古いワイナリーで、
ニュージーランドを代表するピノの名手。

日本のワインショップのレビューをみたら、このワインは
10万円超のDRCグラン・エシェゾーのような味わい、、
と書いてありましたので、興味のある方は探してみてくださいね。

アタ・ランギ・ピノ・ノワールはニュージーランドの ロマネ・コンティだけど、
アメリカにもカレラという「カリフォルニアの ロマネ・コンティ」
というワインがあるらしいのですが、カレラの説明を読んだら、

”ロマネ・コンティの畑からこっそり持ち帰ったピノ・ノワールを植え”

という一文があったんですよ。こっそり持ち帰ったって、、、
これって「泥棒」じゃないのか???

まぁ、アメリカの話はいいとして、アタ・ランギには
まだ若い木で造ったというセカンドラベル、

アタランギ クリムゾン

もあります。ラベルにニュージーランドの赤い花、ポフツカワが
描かれているワインです。アタ・ランギ・ピノ・ノワールは無理でも、
このセカンドラベルなら買えるかな、、、

アタランギ クリムゾンは、売り上げの一部を
ニュージーランドのネイティブツリー、ポフツカワとラタの
保護グループ「プロジェクト・クリムゾン」に寄付しているそうです。

BLOG6408.JPG

「神の雫」掲載!というと、日本の方にもわかりやすく、
喜んでいただけると思うので、ニュージーランドのお土産の
参考にしてくださいね。

ではでは!


タグ:ワイン
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域
前の3件 | - ニュージーランド・ワイン ブログトップ