So-net無料ブログ作成

日本とニュージーランドの全然違う?!部活事情 [ラグビー・スポーツ]

急に寒くなったウェリントンです。
こうなるとやっぱり暑いのは楽しかったなぁ、
なんて思いますーーー。

今年も春休みを利用してカレッジにたくさんの
日本人留学生が来ているようです。

で、息子に

「日本の部活ってトップ選手しか試合に出れないって本当?
 それって超つまんないじゃん!なんで?」

と聞かれて改めて考えたのですが、
うむーーー確かに日本で公式試合に出られるのはレギュラーだけかも。

ニュージーランドのスポーツクラブは、学年毎に
選手のレベル別に複数チームが作られ、それぞれの
レベルで試合が行われる仕組みなのです。(練習もチーム別)

BLOG7299.JPG

練習はちょっとで、上手くても下手でも、みんなとにかく試合に出ます!
だってゲームしなきゃ、面白くないじゃん!
試合に出れないならクラブに入る意味がない。そんな感じ。

ニュージーランドでもトップチームは Aチームとか
ファースト15(ラグビー)、ファースト11(サッカー)
と呼ばれ、特別なジャージやユニフォームがあったりして
選ばれるのはとても名誉なことなのですが、学校代表にはなれない選手も、
トップ選手と同じように毎週ちゃんと公式試合があり、
やっていることはトップ選手とそんなに変わらない印象です。

Aチームはやる気満々のコーチが担当で、練習日も多くて、
レフリーやコーチのセミナーを受ける機会もあって、と
色々「特別」ではあるんですが、「試合に出る」
という意味ではクラブメンバー全員レギュラーなんですよね。

学年別なので、上級生にならないとレギュラーになれない、
ということもなく新入生初心者からすぐに試合!

娘なんて、まだバレーボールのルールも知らないうちに
他校との試合に行きましたからね。さすがにそれは練習しなさすぎ
だけど、試合が終わる頃にはなんとなくわかってきたそうですーーー。

こんな感じで、練習しない(させられない)ので、
ニュージーランドで強くなりたい、トップチームに入りたい、
と思ったらどうしたら上手くなるか、自分で考えてトレーニング
しないといけないのです。

人口のわりにスポーツが強いニュージーランドの秘密は
こんなところにあるのかもしれません。
タグ:スポーツ
コメント(0) 
共通テーマ:地域

ニュージーランドで自動車免許!息子が仮免取りました [運転・交通ルール]

今日は風が強いウェリントンです。
最近、朝日が遅くなりましたね。
「夏の終わり」を感じてちょっとさみしい。

カレッジの新学年がスタートして
長い休みからようやく元の生活に戻りつつあります。

息子が16歳になり、運転免許を取りました。

ニュージーランドの運転免許は、
筆記試験に合格すれば仮免がもらえ、
さっそく路上に出られるというシステム。

オンラインで行うので筆記試験という言い方は変かな。
正解(または間違い)を選択するマルチプルチョイス方式
(マークシートのような感じ)で行われ、
35問中32問正解なら合格です。

これに合格して視力試験にパスすると
learner'sライセンスがもらえます。
免許証が届いたら、車に「L」と大きな黒字で
かかれた黄色いプレートをつけて路上で車の運転の
練習を始めることができます。ーーー怖い。

learner'sライセンスの間は、一人で運転はできず
フルライセンスを持ったドライバー(スーパーバイザー)
に助手席に乗ってもらわなくてはなりません。

日本だったら隣に乗って運転を教えるのは教官ですが、
フルライセンスの持ち主なら親でも良し。というか、大抵親。
親、ということは私?!無理、怖すぎる!

半年間 learner'sライセンスで練習したら、
次は実技試験を受けてrestricted ライセンスを取得します。
restricted ライセンスになると、スーパーバイザーなしで
自分一人で運転できるようになります。

ただし一人で運転できるのは朝5時から夜10時まで。
そして、スーパーバイザーなしでは家族など
限定された人しか乗せることはできません。
友達を送ってあげる、とかそういうのは禁止です。

restrictedライセンスで1年半修行(?)後、
fullライセンスのテストに挑戦できるようになります。

16歳で運転免許が取れる、といっても
このように制限なしのfullライセンスになるまでは
結構時間がかかるんですよね。

免許取得の費用は、自動車学校に通わなくて良いぶん、
ニュージーランドのほうが安いと思いますし
ニュージーランドの運転免許は簡単に日本の免許に
書き換え可能ですが、こんな感じでfullライセンスになるまで
かなり時間がかかるので「留学中に」は難しいですね。

ではまた!
タグ:交通
コメント(8) 
共通テーマ:地域

「日本のこと、教えて!」に中学レベルの英語で答えられるようになる本 [英語・日本語]

今日も暑い!ウェリントンです。

こんなに暑い夏は初めて。
ウェリントンに来てからノースリーブ着てない。
っていうか、Tシャツだけの日、もあまりなかった。
でも、今年の夏が違う!夏服が足りない!
夏用のパジャマが欲しいと初めて思った!!
日本は大雪。こちらは猛暑。(といっても30度くらい?)です。

外国に住んだり外国人と話して、

やばい、日本のこと何も知らない。説明できない…

と思う人ってきっと多いと思うのですが、

(私はとっさに「日本の人口」も言えなかった(大きい数字苦手)
 1億2600万人は one hundred twenty-six million ですーー。)

そんな、日本の文化や歴史、ついでに英語にも弱い人が

「ポイントを的確に抑えた400字未満の日本語で」
「中学レベル程度のわかりやすい英文で」


外国人の疑問に答えられるようになる、

英語の勉強にもなり、日本史通にもなれる。草の根の交流に役立つ本。

があるそうなので、紹介しますね。
私、これ買います!子供にも読ませます。

日本の歴史、文化、特色など111の項目が載っているんですが、
1項目ずつをすべて見開きで左が日本語、右が英語になっています。

分かりやすい英文で、ちょっと「?」という単語には
カタカナ発音と意味が添えられているという親切さ!

付録が「日本の世界文化遺産」17か所の英語訳、
っていうのもすごくいいですよね。
(日本の世界遺産って17あるんだ。今知ったーーー)



英語対訳で学ぶ日本 歴史と文化の111項目

他にもありました!→ 英語対訳で読む日本の〜シリーズ

Amazon から届いたらまたレビューしますね。

では!
タグ:英語
コメント(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。